QCサークル

アクセスカウンタ

zoom RSS QCサークル愛知地区 いきいき事例研究大会を取材

<<   作成日時 : 2017/04/08 17:40  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月6日(木)いきいき事例研究大会の取材です。
この大会では、見て、聞いて、そして質問して活発な大会です。開会挨拶の前の写真です。
画像

主なプログラムは、
・地区活動PR
・体験談発表(4会場で発表)
 今回は1件しか、体験談を聞いていなかったの、ご紹介する事例はありません。でも、コツコツ
 とメンバーが協力していきいきとした職場作りをした活動が聞きたかった。聴講が出来なくて残念。
・事例で学ぼうワイワイ研究会(3会場で相談)
 各会場ごとに優秀事例を通して、問題解決の進め方、活動の運営方法等について、大会参加
 者が日頃の活動で困っている悩み、疑問点について質問し、それに対してパネラーが自分の
 経験・体験に基づいて回答や話し合いと上司の支援内容披露などで、解決の糸口とする内容
 でした。
 尚、会場はテーマごとに3会場に分かれて開催です。時間は100分ですので忌憚の無い質問
 ができるので、このプログラムはおすすめでした。

  第1会場:製造部門での活動の進め方
  第2会場:事務・販売・サービス部門での活動の進め方
  第3会場:管理・監督者による推進
・講演(14:55〜16:05)
  講演テーマ「日本一のマグロ船から学んだ!
           楽しく働きながら成果を上げる仕事術」
  講師:斎藤 正昭氏

  講演まもなく、講演者からこんな問いかけがありました。
  それは、今日、うれしいと感じた数を上げてください。時間は10秒です。

  私も10秒間考えましたが「1件」しか浮かびませんでした。

  講演者から
    10個以上→船長
     7個以上→機関長
     5個以上→甲板長だそうです。

  そうしたら、4個以下の人はマグロだそうです。
  海で元気よく泳いでいたマグロが釣り上げられ、バタバタしているときに
  釣り上げられたために、今 泳いでいた海が快適であったことを思うそうです。

  そうなると、ポイントが低い人は良かったという感謝の気持ちレベルが高すぎる
  ためだそうです。

  もう一度、視点を変えて考え直して見れば、
    朝、目が覚めて生きていたうれしさで1件
    会場に行くために電車に乗れたうれしさで1件
    電車の中で座れたうれしさで1件
    会場で無事にみんなに会えたうれしさで1件
    第3会場のいきいき事例研究会に参画できたうれしさで1件
    第3会場のいきいき事例研究会を最後まで参画できたうれしさで1件
    講演者から問いかけで、忘れていたものを気づいた私に1件
    無事に帰宅できたうれしさで1件
    小計8件になり、マグロ→機関長になれたうれしさがあり1件
    合計9件

  今日から「感謝の気持ち」を忘れないようにします。

QCサークルステーションというHPを立ち上げています。
QCサークルの「ポスター」、「まんが(の描き方)」、「まんがの独特な表現」、「大会・研修会紹介」
、「事例紹介」、「参考資料の紹介」を掲載していますので見てください。
アドレスはここです『http://www7b.biglobe.ne.jp/~qcctoukai/QCsakurusuteshon/top.html

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
QCサークル愛知地区 いきいき事例研究大会を取材 QCサークル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる